< 発表論文等リスト >【2010年~2013年分】

原賀康介が発表した論文のリストです。口頭発表、連名発表、新聞、雑誌等の掲載記事を含みます)

内容詳細をお知りになりたい方は、メールでご連絡ください。

このページには【2010年~2013年】分を掲載しています。

 

【2017年~2019年】分はこちら      文献番号 (231)~

【2014年~2016年】分はこちら      文献番号 (199)~(230) 32件

【2010年~2013年】分はこちら      文献番号 (179)~(198) 20件

【2005年~2009年】分はこちら      文献番号 (164)~(177) 15件

【2000年~2004年】分はこちら      文献番号 (129)~(163) 35件

【1990年~1999年】分はこちら      文献番号 (  57)~(128) 72件

【1974年~1989年】分はこちら      文献番号 (    1)~(  56) 56件

 

【お願い】下記の文献の引用や転載をされる際は、お手数ですが haraga-kosuke@kcc.zaq.ne.jp まで必ずご連絡をお願いします。無断転用はお断りいたします。

 

******************************【2013】***************************

(198) 高信頼性接着の基本条件と強度・耐久性の評価、信頼性保証技術

 発表者:原賀康介

 発表先:公益社団法人 自動車技術会 疲労信頼性部門委員会シンポジウムNo.05

                13「車体構造の信頼性を支える新たな接合評価技術の展開」

 掲載先:講演論文集P.14-19 講演番号20134797

 発表日:20131120

 《目次》

 1.高信頼性接着の基本条件

  1.1 破壊状態

      1.2 接着強度のばらつきの指標

    1.3 高信頼性接着の基本条件(まとめ)

 2.接着部の弱点と対策

   2.1 接着部の弱点 

       2.2 界面での結合強化の方法-表面改質-

 3.耐久性評価の盲点

   3.1 水分劣化における接着部の寸法・形状の影響

       3.2 耐水性試験における乾燥後の強度回復性の評価

       3.3 クリープと水分の複合劣化

       3.4 冷熱試験における試験片の形状・寸法

 4.接着強度の実力値はどのくらいか

 5.自動車の材料多様化における接着技術の課題

   5.1 筆者の基本的考え方

   5.2 接着剤のバルク特性の作り込み

   5.3 被着材料表面の統一的改質法の開発

   5.4 接合部の強度特性の改善

   5.5 作業性の改善

   5.6 接着評価法の最適化

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
13ー11 自動車技術会シンポジウム(P14-19).pdf
PDFファイル 462.1 KB

-------------------------------------------------------------------------------------------- 

(197) ハニカム構造板の曲げ変形と接着剤の弾性率との関係

 発表者:瀬藤和芳、佐藤千明、須藤 洋、宮崎隼人、原賀康介

 発表先:日本機械学会第21回機械材料・材料加工技術講演会(M&P2013)

 掲載先:CD-ROM 論文集 講演番号534

 発表日:2013118-10

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
13110810機械学会 534ハニカム構造板の曲げ変形と接着剤の弾性率との関係
PDFファイル 525.7 KB

-------------------------------------------------------------------------------------------- 

(196) 高信頼性接着の基本条件と耐久性評価の盲点

 著  者:原賀康介(()原賀接着技術コンサルタント)

 資料名:第192回ゴム技術シンポジウム講演要旨集 巻:192th  ページ: 38-45 日本ゴム協会

 発表日:2013624

 《要旨》 高信頼性接着とは、強度、耐久性に優れ、品質ばらつきが少なく、しかも高い生産性で効率の良い接合組立ができる接着のことである。ところが、「高い信頼性を確保する」には何を考え、何を行えばよいのか、ということになると曖昧なことが多い。そこで、ここでは、高信頼性接着の基本条件と、それを達成する手段としての表面改質について説明する。また、接着の耐久性評価試験にはあまり知られていない重要なポイントがある。この点についても説明する。

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
2016年10月19日追加
13-06-24ゴム技術シンポジウム.pdf
PDFファイル 2.0 MB

-------------------------------------------------------------------------------------------- 

(195) 接着強度設計における設計基準強度の考え方について

 著  者:原賀康介(()原賀接着技術コンサルタント

 資料名:日本接着学会第51回年次大会講演要旨集 巻:51th  ページ: 87-88

 発行日:20130610日(発表日:2013621日)

 《要旨》接着剤による接合は、その特徴・機能から各種の産業分野で高度な適用がなされている。しかし、ボルト・ナットや溶接のように「工業的に汎用的な接合方法」とはなっていない。これは、接着剤による接合は、設計基準や設計指針が不明確であるため、適用までに多大な検証試験が必要であり、十分な開発期間と開発リソースがない場合には適用が困難なためである。この状況を打破して、接着接合が汎用的な接合方法として位置付けられるためには、設計基準や設計指針を明確化していく必要がある。そこで、ここでは、接着強度設計を行う際に適用する設計基準強度の一つの考え方を提案している。

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
13-06第51回年次大会haraga.pdf
PDFファイル 1.9 MB

--------------------------------------------------------------------------------------------

(194) 接着接合物の耐用年数経過後の安全率の定量化

 著    者:原賀康介(原賀接着技術コンサルタント)

 掲載誌名:Polyfile  巻:50  号:591  ページ:66-73.  

 発行年:2013510

 《要旨》最適設計、限界設計が追求されている昨今、接着接合部の設計においても耐用年数到達時点における接着強度の安全率を定量化し、安全率の裕度分を信頼度の向上やコストダウンに再配分していくことが要求されている。

 しかし、接着接合の耐久性評価に関する現状を見ると、個々の環境や応力に対する長期間の接着強度の予測に関する報告はいくつかなされているが、複数の環境・応力の組合せ条件下での長期接着強度の予測に関する報告は見あたらない状況である。また、接着強度のばらつきに関する報告もいくつかなされている程度であり、長期劣化との関係の報告は皆無である。

 そこで、ここでは、筆者らが開発した製品の耐用年数経過後における接着強度の安全率を定量的に求める方法について説明する。

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
13-05 Polyfile 耐用年数安全率.pdf
PDFファイル 2.2 MB

-------------------------------------------------------------------------------------------- 

(193) 特集記事「次世代のモノづくりを支える接着剤」

 著    者:原賀康介(原賀接着技術コンサルタント)

 掲載誌名:日刊工業新聞

 掲載日:201331

 《内容》

  研究開発の現状&新たな活用分野

  接着の信頼性基準「破壊状態」が重要

   最近の接着技術

   接着の耐久性、信頼性に関する研究開発の現状

  省エネ・安全確保にも貢献

   接着の活用が今後期待される分野

   今後の研究、開発の課題

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
130301日刊工業新聞接着特集.pdf
PDFファイル 1.1 MB

******************************【2012】***************************

(192) 粘接着剤の界面やポリマー構造の評価技術の最近の動向 Part II

     10.信頼性確保のための接着強度の実力値の見積もり方

 発表者:原賀康介(原賀接着技術コンサルタント)

 発表先:接着の技術 巻:32 号:3 ページ:62-69  (2012)

 発表日:20121231日発行

 《要旨》真に信頼性の高い接着設計を行うためには、平均接着強度で設計を行うことが不適当であることは自明であり、設計に使用できる接着強度の実力値を知ることが重要である。しかし、その求め方についてはほとんど報告されていない。本稿では、要求信頼度Rの製品において、多数個の接着を行った時の、製品の耐用年数経過後における最低接着強度を統計的に求め、さらに、接着部の破断の前に生じる内部破壊の発生開始強度比(内部破壊発生荷重/破断荷重)から、設計に使用できる接着強度の実力値を求める方法について述べる。また、水分劣化を伴う接着部の耐久性は、種々の接着剤や表面処理の組合せなどから耐水・耐湿試験によって最良の物を選定し、その劣化係数を求めて用いるのが一般的であるが、このような材料任せの設計では最適接着設計とは言えない。耐湿・耐水劣化における耐用年数経過後の劣化係数を設計段階であらかじめ設定し、その劣化係数になるように接着部の寸法(糊しろ)を設計するのが望ましく、これについても述べる。

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
13-01接着の技術 接着強度の実力値.pdf
PDFファイル 1.6 MB

-------------------------------------------------------------------------------------------

(191) 初期変形を有する被着体の剥離現象とその予測法

 発表者:大渕竜也(東京工大大学院)、佐藤千明(東京工大精密工研)

     宮崎隼人、須藤洋、楊瀾、原賀康介(電気化学工業)

 発表先:日本接着学会年次大会講演要旨集(CD-ROM) 巻:50th

              ページ:ROMBUNNO.C-10

 発表日:20120615

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
12-06-2930第50回年次大会.pdf
PDFファイル 987.0 KB

-------------------------------------------------------------------------------------------- 

(190) アルキメデス法を用いた硬化収縮量と収縮応力の評価法

 発表者:長谷川千夏、上山幸嗣、原賀康介、廣井 治(三菱電機)、…

 発表先:日本接着学会年次大会講演要旨集(CD-ROM) 巻:50th

               ページ:ROMBUNNO.P32B

 発表日:20120615

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
12-06-2930第50回年次大会.pdf
PDFファイル 163.2 KB

******************************【2011】***************************

(189) Debonding process of adhesively bonded joints having adherends of

         differentcurvatures during heat treatment.

 発表者:Tatsuya Obuchi,CHIAKI SATO,Hayato MIYAZAKI,Hiroshi SUDO,

               Kosuke HARAGA.

 発表先:The international conference on adhesive bonding 2011(AB2011),

               Jul. 2011(Port).

-------------------------------------------------------------------------------------------- 

(188) 高温における接着剤の物性と残留応力によるはく離現象

 発表者:大渕竜也(東京工大大学院)、佐藤千明(東京工大精密工研)

       宮崎隼人、原賀康介(電気化学工業)

 発表先:日本機械学会年次大会講演論文集 巻:2011 (CD-ROM)

       ページ:ROMBUNNO.G040055

 発表日:20110910

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
11-09-11-14機械学会年会.pdf
PDFファイル 370.8 KB

--------------------------------------------------------------------------------------------

(187) 低臭気非危険物SGAの開発と応用

 発表者:楊 瀾、須藤、林、根岸、宮崎、原賀康介

 発表先:上海電梯 巻:110 号:4 ページ:26-29

 発表日:201107月10日発行

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
11-07上海電梯 固得楽.pdf
PDFファイル 546.8 KB

--------------------------------------------------------------------------------------------

(186) 被着体の初期変形により生じる残留応力と接合部のはく離現象

 発表者:大渕竜也(東京工大大学院)、佐藤千明(東京工大精密工研)

       宮崎隼人、原賀康介(電気化学工業)

 発表先:日本接着学会年次大会講演要旨集(CD-ROM) 巻:49th

               ページ:ROMBUNNO.P50B

 発表日:201106月17日

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
11-06 第49回年次大会P50B.pdf
PDFファイル 770.4 KB

--------------------------------------------------------------------------------------------

(185) ハニカムサンドイッチパネルにおける接着剤のストライプ状塗布による使用量削減効果

     The Effect of Weight Reduction by Dispensing Striped Adhesive to the

         Honeycomb Sandwich Panel

 発表者:上山幸嗣(三菱電機先端技総研)、原賀康介(三菱電機先端技総研)

 発表先:日本接着学会誌 巻:47 号:6 ページ:220-225

 発表日:20110601日発行

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
11-06 ハニカム塗布量.pdf
PDFファイル 1.7 MB

--------------------------------------------------------------------------------------------

(184) 低臭気非危険物SGAの開発と応用

 発表者:楊 瀾、福善、須藤、依田、小林、原賀康介

 発表先:中国胶粘 巻:20 号:1 ページ:60-61

 発表日:201101月発行

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
11-01 中国接着剤.pdf
PDFファイル 329.6 KB

******************************【2010】***************************

(183) Development of the Low-Odor and Non-Flammable SGA and its Applications.

 発表者:楊欄,福善和也,須藤洋,依田公彦,小林正之,原賀康介

 発表先:2010北京国際粘接技術検討会 P65-1(2010/10/31-11/3)

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
10-11-02 P65 低气味,非易燃SGA的开发和应用.pdf
PDFファイル 345.8 KB

-------------------------------------------------------------------------------------------- 

(182) Development of the low-odor and non-flammable SGA and its applications.

 発表者:Hiroshi SUTO,Kosuke HARAGA,Lan YANG,Kimihiko YODA,

       Jun WATANABE,Masayuki KOBAYASHI

 発表先:4th WORLD CONGRESS ON ADHESION & RELATED PHENOMENA

                France Arcashon(2010/9/29)

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
10-09 WCARP4 France.pdf
PDFファイル 3.8 MB

--------------------------------------------------------------------------------------------

(181) 軽量サンドイッチパネルにおける接着剤塗布に関する研究

 発表者:上山幸嗣(三菱電機先端技総研)、原賀康介(三菱電機先端技総研)

 発表先:日本接着学会年次大会講演要旨集(CD-ROM) 巻:48th

               ページ:ROMBUNNO.III A-3

 発表日:20100611

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
10-06 日本接着学会第48回年次大会.pdf
PDFファイル 367.7 KB

--------------------------------------------------------------------------------------------

(180) 高機能・環境負荷低減に応える接着剤の最新技術

     信頼性の高い耐久性評価と寿命予測法

 発表者:原賀康介(三菱電機)

 発表先:工業材料 巻:58 号:2 ページ:45-50

 発表日:20100201日発行

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
10-02工業材料Vol.58,No.2,P.45-50(2010)信頼性の高い
PDFファイル 561.9 KB

--------------------------------------------------------------------------------------------

(179) 海外生産における接着組立ての高信頼化

 発表者:原賀康介(三菱電機先端技総研)

 発表先:構造接着シンポジウム予稿集 巻:18th ページ:55-60

 発表日:201001月15日

ダウンロード
閲覧のみ可能です。印刷、内容のコピーはできません。
100115構造接着Symp P55-60.pdf
PDFファイル 436.1 KB

 

【2017年~2019年】分はこちら      文献番号 (231)~

【2014年~2016年】分はこちら      文献番号 (199)~(230) 32件

【2010年~2013年】分はこちら      文献番号 (179)~(198) 20件

【2005年~2009年】分はこちら      文献番号 (164)~(177) 15件

【2000年~2004年】分はこちら      文献番号 (129)~(163) 35件

【1990年~1999年】分はこちら      文献番号 (  57)~(128) 72件

【1974年~1989年】分はこちら      文献番号 (    1)~(  56) 56件

 

株式会社 原賀接着技術コンサルタント