≪セミナーのご案内≫

 弊社では、企業でのプライベートセミナー・講演も行っています。詳細は、弊社までお問い合わせ下さい。

 

 弊社のセミナーは、接着剤を用いて機器を組み立てる接着剤ユーザーが直面する課題解決と、接着された部品の耐久性、信頼性、品質の確保と向上に主眼をおいたものです。

 50年間にわたって接着技術の開発と実用化に携わってきた講師が、単なる理論の解説ではなく、豊富な経験と自ら行った多くの実験データーに基づいて、体系的、論理的に説明するので、単なる知識の習得にとどまらず、課題解決のための目標値と考え方、実践的手法を習得できます。

 各種の機器組立に携わる技術者はもちろん、接着剤メーカーの技術者にも好評を博しています。

 接着の初心者からベテラン技術者まで、それぞれのレベルに必要な技術を習得することができます。

 同一企業からの継続的受講やリピーターの多さも、大きな特徴となっています。

 

 ほとんどのセミナーでは、テキストのほかに解説書籍を配布していますので、受講中の不明点の確認、時間的に十分に説明できなかった部分の補強、実践への活用がスムーズに行えます。

 受講者へのアフターケアとして、メールでの各種技術質問への無料対応も行っていますのでご活用下さい。

 

************** 2023年度 ***************

-------------------------------------------------------------------------------------

【7】【2日間講座】 接着トラブルの未然防止と解決のための

” 接着不良を未然に防ぎ信頼性の高い接着を行うための

    必須知識と強度・耐久性の評価・設計法 "
1日目 ≪ 基本編 ≫ 接着の必須知識と勘どころおよびトラブル対策

2日目 ≪ 実践編 ≫ 劣化のメカニズムと評価のポイント・寿命予測法、強度設計法、安全率の定量化法およびトラブル事例

  ※1日目のみ、2日目のみの受講も可能です。

  <会場受講、WEB受講とも可> ※会場受講の場合も、講師はオンラインで講義します

    聞き漏らしや復習のために終了後アーカイブ視聴も可能

 

 講師の名刺提供有り・終了後個別質問会を開催(WEB受講者含)

 

日時:【1日目】2024年3月13日(水) 10:0017:20

   【2日目】2024年3月14日(木) 10:00~17:20

講師:原賀康介

主催:TH企画 https://www.thplan.com/

詳細、申込方法:TH企画案内ページ  https://www.thplan.com/seminar/67732/ をご覧ください。

会場:東京 TH企画セミナールーム こちら をご覧ください。

   WEB(Zoom)での受講も可能です。

講師紹介割引:

 ※講師紹介割引価格は、haraga-kosuke@kcc.zaq.ne.jp までメールでお問い合わせ下さい。

 ・備考欄に、必ず、「講師紹介割引適用」と記入してください。ご記入がない場合は、割引になりません。ご注意ください。

書籍の配布: テキストの他に、解説図書として、1日目受講の方には「トコトンやさしい接着の本<新版>(原賀康介著:日刊工業新聞社刊)」を、2日目受講の方には「高信頼性を引き出す接着設計技術(原賀康介著:日刊工業新聞社刊)」を配布します。(書籍は変更となる場合があります。)

 

個別質問会について
 1日目終了後、17:30頃から1時間程度個別質問をお受けいたします。WEB受講の方もブレイクアウトルームを利用し受付可能です。個別相談のお一人当たりの時間は相談者の人数により変わります。また、質問の順番は事務局にて決めさせていただきます。

メールでの質問セミナーに関するメールでの技術質問は、無料・無期限で受け付けます。

 

名刺の配布会場受講の方には当日講師の名刺を配布します。WEB受講者の方にはテキスト送付時に講師の名刺を同封します。

 

◆1日目プログラムの概要   詳細は、 こちら をご覧ください。

 1.高信頼性・高品質接着の作り込みの必須条件と目標値

 2.接着のメカニズムと目標値達成のための方法

 3.接着の機能・特性を損なう「内部応力」の発生メカニズムと影響諸因子、低減法

 4.接着剤の選定、最適な設計・施工に必要なポイントとトラブル防止策

 5.接着剤の種類と特徴・注意点、選定方法

2日目プログラムの概要◆  詳細は、こちら をご覧ください。

 1.接着劣化のメカニズムと評価のポイント

 2.接着耐久性の長期寿命予測法

 3.接着部の初期の必要平均破断強度、必要Cv値を簡易に見積もる『Cv接着設計法』

 4.最適設計のための『耐用年数経過後の安全率の尤度の定量化法』

 5.信頼性、耐久性、寿命、安全率に関係するトラブル事例

 

【受講対象者】

<1日目>

 ・部品や機器の組み立てに接着を用いる設計・生産・品質関係技術者
 ・接着不良の対策や未然防止、現状の改善、最適化のために、接着の基本的な知識、ノウハウ、押さえるべきポイント、設計指針などの習得を必要としている技術者 
 ・接着の基礎固め、知識の再確認、知識の深掘りなどをしたい技術者
 ・化学面や接着の知識に詳しくない技術者
 ・接着剤のセールスエンジニア

<2日目>

 ・業務上で接着に関するトラブルを抱えている技術者

 ・強度や耐久性での信頼性で困っている技術者

 ・接着に関する知識の再確認や深掘りをしたい技術者

 ・接着の評価技術者

 ・接着の品質関係技術者 など

 

【予備知識】

特に必要ありません

 

【習得知識】

1⽇⽬習得知識

1)⾼信頼性・⾼品質接着の⽬標値と考え⽅

2)接着のメカニズムと接着特性・信頼性の向上策

3)内部応⼒の発⽣メカニズムと影響因⼦、低減法

4)接着の設計・施⼯におけるポイント、トラブル防⽌策

5)接着剤の種類と特徴、使⽤上の注意点、選び⽅

2⽇⽬習得知識

1)劣化のメカニズムと耐久性評価試験のポイント

2)⻑期耐久性の寿命予測法

3)⾼信頼性・⾼品質接着の設計基準(設計法)

4)耐⽤年数経過後の安全率の尤度の定量化法

5)信頼性、耐久性、寿命、安全率に関係するトラブル事例

-------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------------

 

株式会社 原賀接着技術コンサルタント