≪ 構造接着研究会 ≫ のご案内

         

 (一社)日本接着学会では、研究会活動の一環として<構造接着研究会>を開催しています。(株)原賀接着技術コンサルタントの原賀康介は、同研究会の幹事および「接着適用技術者養成講座」「接着技術者スキルアップ講座」の講座長を努めています。

 接着技術にご関心をお持ちの方々にとって有意義な研究会ですので、ぜひご参加をお待ちしております。

 

 研究会の詳細は、研究会のホームページ http://www.struct-adhesion.org/ をご覧下さい。

 概要は下記の通りです。

           ----------------------

【趣 旨】

地球環境保護、省エネルギー化、IT社会の高度化、医療の高度化、社会インフラの老朽化、高齢化等を背景として、機器や部品の軽薄短小化や高性能化、生産性向上、コストダウンの要求はますます大きくなっています。そのニーズに対応する重要な要素技術として接着剤による接合があり、そのニーズは増加の一方にあります。特に航空・宇宙分野や自動車、車両などの移動体の軽量化や電子機器の高性能化は年々進歩しており、接着剤、表面改質、評価・解析・品質管理、接着関連機器などの接着のシーズ開発も大きく進んでいます。しかし、接着接合は、設計基準が不明確、非破壊で強度検査ができない、耐久性や寿命が不明確など、他の接合方法とは汎用性の点で大きな乖離が有ることや、接着接合の採用を考えても企業に接着の技術に精通した技術者が少ないために、接着接合を容易に採用できる状況にないことも事実です。

このような背景の中で、接着技術に関するシーズとニーズの強力なマッチングと技術者のレベルアップを図り、高性能、高信頼性・高品質のものづくりに資するために、本研究会は活動を行っています。

接着技術のユーザー側会員および接着用材料などのシーズ側会員の増強を図るため、御社にもぜひご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。なお、本研究会への加入は、法人・個人、日本接着学会への加入有無を問いません。

 

【目 的】

 構造的・機能的な接着接合部の適切な設計と応用に関する調査研究、技術者教育、情報交流を行い、シーズとニーズのマッチングを図り、産業界や社会における高度化するニーズへの対応および持続可能な社会の構築に貢献することを目的としております。

 

【対象とする技術・研究分野】

(1)接合部の設計法(機能設計、構造設計、材料設計、プロセス設計、品質設計)

(2)接合部の耐久性・寿命(環境耐久性、力学耐久性、複合耐久性)

(3)接合部の信頼性、品質管理

(4)接合部の評価・解析(強度評価、機能評価、CAE解析、表面分析・解析、表面・界面物性、非破壊検査)

(5)接合工法(表面処理・表面改質、硬化、複合接着、接着関連機器・設備)

(6)接着剤(構造用接着剤、機能性接着剤、粘着剤、シーリング材)

(7)被着材料(母材特性、表面物性)

(8)接着の応用(構造接着、機能性接着、異種材接着、シーリング)

(9)環境、リサイクル(軽量化、解体性、リペアラブル、VOC対策)

(10)その他(時代よって変化する新たな会員ニーズに対応する技術・研究)

 

【事業内容】

1.研究講演会の開催(原則年4回)

2.見学会の開催(原則年2回)

3.シンポジウムの開催(年1回)

4.「接着適用技術者養成講座」の開催(合計24時間の座学)(原則年1回)

5.「接着技術者スキルアップ講座」の開催

6.「精密接着WG」活動

7.その他

  研究会会員のニーズ抽出

  研究会会員間の情報交換

  報告書の発行

  その他、本会の目的を達するために必要な事業

 

 

株式会社 原賀接着技術コンサルタント